今日は、「潰瘍性大腸炎、クローン病」と、
腸にトラブルを抱えた方々の集まりに出かけた。

会場に出かけてみて、ちょっとビックリした!(◎_◎;)
意外に多い参加者と年齢の若さ。
腸を整えるお弁当や、料理を伝える立場にいる自分ですが、
この病気の人口が増えていること、そして難病指定されていること、
保険が適用されても治療費が高額なことなど、知らないを知ってさらに!(◎_◎;)

この病気が日常で起こるささいな状況にあることは、もっと怖かった。
緊張しがちで下痢になりやすいとか、仕事によるストレスで下痢気味とか、
薬のんで終わりがちだったり、下痢気味だから、胃腸が弱いからの話で終わりそうな先に
この病が潜んでいるかも知れないことに恐怖を感じた。

テレビ〇〇ストッパーとか飲んでる場合じゃなくて、検診するべきなんだと・・・
ふと思い返すと我が夫も腸過敏症であった。
あのまま行ってたら、彼の人生にもひょっとしたらこの文字が見え隠れしていたかも(^_^;)

腸を癒す事をテーマにしていた自分に来た、新たなテーマ。病と付き合って行く方法。
それもハッピーに、優雅に、美味しく。

ということで11月こちらの会で
陰陽な視点で、食材とお料理の簡単なレクチャーをすることになりました。

詳しいご案内はこちらから
↓↓↓↓↓↓
11月IBDの会