パーソナルブランドの山本秀行さん話の中に、こんなテーマがありました。

「自分の未来のプロフィールを作成」

自分の未来・・・

成功哲学、メンタル、起業、コミュケーション・・・などの本の中にも、よく出ていたフレーズ。

 

自分が死んだ時、どんなシチュエーション?

自分の新聞が発行された時、そこに何が書いてある?

 

などなど・・・未来の自分をイメージし、そのストリーに基づいて夢や目標を叶える。

引き寄せの法則だっり、神様と繋がるだったり、・・様々な本の内容にも繋がる話です。

結局はビジネスも、スピリチュアルも、同じだってこと。

鶏が先か卵が先か、コロンブスの卵と同じだってこと。

 

で・・・江川寛子のSeed-Bloom kitchen LABのリ・ブランディングは?

 

なぜ料理か?なぜ健康か?そしてなぜ働く人たちをサポートしたいと強く思うのか?

その気持ちを払拭して、好きなことだけしていられないのか???

 

掘り下げてみたら、幼少期の自分がそこにいました。

働く母から、一人暮らしの時間から、

忙しい時間の中で料理をするということ、食べるということ、家族と過ごすということ、

この時間がどれほど重要で大切か、経験から学びました。

 

シニアという世代を生きていて、

体力と健康が一朝一夕で出来上がるものではないことを、切実に感じています。

情報を正しくもっていても、安易なものに手を出し、結果は散々なことになってしまう行動心理も経験しました。

さまざなタイミングで、食と健康について学んで来た私は、

ミクロな視点とマクロな視点から、バランス図るという考えを知り、生き方や考え方がとても楽になりました。

 

食べるということは生きること。

 

死んでしまった人は食べることはできません。
生きているから食べられるし、健康だから食は楽しいのです。

一生活かせる料理のコツと情報を発信する料理教室・Seed-Bloom Kitchen LAB.では、
仕事に夢に目標に頑張る人たちのサポートしたいと思います。

基本「オタク」な私ですから、面倒なことは避けたい。
そんなグウタラな私が、便利だな、大切だなと思うことを大事に、カリキュラムを作りました。

楽しみしていてくださいね。