ただ今、アメブロジャンル・ネガティブ/書籍化で上位のMACOさん。
MACOさんが執筆する本が、何と!マクロビオティックな考えで面白いんだよね〜。
最初に始まる「素粒子」の話が、すでにマクロビオティック!!(感動する♥)

「素粒子」
マクロビオティックの陰陽理論の中で、もっとも大きな考え(マクロ)
なところ。

桜沢先生の教えには
「無限の宇宙から陰陽が生まれ、陰陽からエネルギーが生まれ、エネルギーから素粒子が生まれ、
素粒子から元素が生まれて、恒星や惑星、そして私たちが住む地球が生まれます。
これを命の連なりと考えると無限の宇宙という一つの大生命から無機生命が誕生し、そして地球上に
初めて植物という有機生命が誕生するのである」・・・・と続いてゆくのですが、
MACOさんの本を偶然手にした時、この「素粒子」の単語に惹かれ、読み解くとまさにマクロビオティック。

それから「素粒子」という考え方がを調べていくと、スピリチュアルな生き方考え方、
成功哲学に適応される考えとして広まっていることにますます感動。

マクロビオティックは食事法ではなく、生き方考え方の理論

桜沢先生が執筆される「魔法のメガネ」(ちょっと読みにくいけど)などは、正に!!
もう少し簡単に紹介されている本が、日本CI協会が出版される「陰陽がわかる本」かな?

料理を通じてこの考え方をお伝えするのですが、頭を使って「考える」ということが
苦手みてたい。「これさえすれば的」な考えになりがちな方が多いな〜と感じます。
しかしそこはお料理、食べ物に真摯に向き合うと、自然と考えられるようになってゆきます。
だからマクロビオティックは面白!!!

料理法ではなく「食べる」を通じ生き方上手になる実践的行動を「習慣化」する。
マクロビオティックをそう捉えてくれる人が増えると嬉しいな〜〜〜。