3月、春。
vegefirst厨房の窓から入る日差しが変わってきました。

いつも見ている風景ですが、窓から道行く人を見ながらワクワクする。
これが春なんだな〜。
今朝の朝礼では、スタッフのIちゃんが新しいこと始めた!と宣言。
何かな〜と思ったら「メルカリデビュー」だそうです(可愛い)★

と感じる気持ちも春めいている。

春と言えば、身近に感じるのが毎日触れている食材たち。

最近はハウス物が増え、食の世界に季節感が薄れている様な気がする。
冬の野菜も、夏の野菜も、秋の野菜も、季節を問わず手に入るが

 

春野菜は違う、春の野菜には特別感がある

 

山菜、タケノコ、春キャベツ・・・と、「春だからこそ味わいたい」感じる。

 

 

教室では、春の野菜には様々な効果があると伝えている。

 

春の野菜を食べることで、冬から春に細胞を衣替えする。
春の苦味、エグ味を頂くことで、
カラダに溜まった冬の汚れを食べ物の力で抜いていく。

 

春のウキウキした気分も、ソレ。

 

高揚とした気分も春のエネルギーに似ている。
カラダで表現するなら、スキップ♪かな?

 

春の先に待っている夏に向けて、細胞に溜まった汚れをどんどん落とす。
落とした汚れは、排便となってさよ〜なら〜!!

 

そのためには腸を綺麗にしておくことも大事。
腸を綺麗にするための情報は巷に溢れているから
それらを参考にしたら良いと思う。

 

Seed-Bloom Kitchen Labo.では、基本に立ち戻りながら
自分を整えながら、自分らしい生き方を提案していく。

これも春から。

これからのSeed-Bloom Kitchen Labo.が楽しみな2019、春です。