細胞レベルで10歳若返る
Personal Food Coach Academyの
えがわ ひろ子です。

こんばんは〜

3日間の連休も今夜で終わり。
明日からお仕事、戦闘モードへと切り替えですね。

今夜は代謝について少し考えみたいです。
年齢を重ねてくると衰えるのが代謝

代謝はカラダの熱量を司る発電所のようなもので、
機能の衰えが冷えや、未病などに少なからず影響を与えています。

例えば、赤ちゃん。
人として成長するために、
よく泣いて、よく寝て、よく食べてドンドン代謝しています。
熱量も高くまさに「赤色=赤ちゃん」です。


成長という名の下に赤ちゃん同様に
代謝が行われ、冷えや未病などとは無縁のはずなのに
最近は、低年齢でも冷えや未病を患っている人が多いのは何故でしょうか?

不思議・・・

そこで!
久しぶりに食べたものを栄養計算して過ごしてみたら・・・
なんと!驚愕の事実を目の当たりにしました。

自分も食事学をベースに
日々バランスを整えて食べていると確信していたのですが、何という事実でしょうか・・・ 😥

気を使っていたはずなのに、
考えていたはずなのに、
カロリー過剰の栄養失調!!
ショックで言葉を失いました。

 

 

DNA体質やメタトロン検査から
「脂」の摂取に気をつけるべきなのに、
脂取り過ぎのグラフを見た瞬間、正直、落ち込みました。

こんなに意識してですよ、この数字ってことは
意識していない方のデータはいったどうなっているのでしょうか?
怖いです。

カロリー過剰の栄養失調とは、まさにこの事!!

冷えているから〇〇しよ〜〜の前に、
日々の食事をちゃんと意識しなければ、ヤバイ。

治療じゃなくて、改善が大切。

野菜を食べているから安心、大丈夫も
実際、カラダは・・・・だと思います。

今日からしばらく
カラダの様子に意識を働かせながら
食事をチェックしてみます。

 

自分の毎日を俯瞰するって
ちょっと良いかも?

 

えがわひろ子、
今夜も良い夢を・・・