醸し人ではありませんが、ちょっと詳しく知りたくて、京都まで行ってきました。

町屋をリノベーションされた癒しの空間に、全国世界から30名余りの方々が集まり。
どんどん変化していくお米の様を見守る3日間でした。

30名も集まると個性豊かで、経験豊富な方、初めてという方、すでにお仕事にされている方、
麹がつなぐご縁は必要必然で面白くてワクワクすることばかり。

例えば「メルボルン」。
vegefirstのお弁当を海外で!じゃ〜♪NYで!!と話は広がっていたんだけど、
オーガニック、日本人にフレンドリー、空気がいい、コレなら!!と
直感ピピピのM子。「お弁当はメルボルンで!」が密かな合言葉になっていました。

でーーーーーー

メルボルンから勉強に来られた方がいて、最近はまっているケフィアネタで盛り上がり、
さらには買おうとしていた洋書の著者と出会っている方だったりと・・・。
麹が醸すネットワークは、米粒だけではなかったのがスゴイ!

日々、何にに繋がりたいかを意識していると、素敵な出会いが増幅するばかり。

食べ物の力ってスゴイ!!

ただ食べるを意思することから始まる感動。
この感動が、次の感動を生むんだな〜とワクワクしっぱなしの3日間。

麹が醸すにも「温度・湿度」の環境が大事。
人もまた、ネトワークするには環境が大事。

いつどこで誰と出会い、何に繋がるのか?
これからの始まりもまた楽しいですね