料理を短時間で、美味しく仕上げるのも「段取り」
vegefirstで、お弁当を早く仕上げるのも「段取り」
そして、
将来のアンチエイジングに備えるのも「段取り」

全て「段取り力」

新たなステップに向け、
vegefirstのリーフレットを仕上げることになり、
半年前に通った笹木郁乃PR塾で同期生のhitonowaの長坂さんに依頼、
カメラマンはなんと、20代の時共に机を並べ仕事をしていた同僚コンドウシン君にお願いした。

狭い店内で撮影機材、加えて表情のないお弁当。
カフェとかであれば、色々な商材で盛れるのけど、
お弁当は生活そのものなので、誇大広告ではダメ、盛りすぎると別物に!!
だから撮影するカメラマンの力量が問われる!!ってことが、
現場でかなり実感した。

今回、多方面で活躍されているコンドウ君のおかげで素敵な写真が出来、
長坂氏の早期での情報共有のおかげで、いい形でみんなが準備に入れていた。

まさに「段取り力!!」

vegefirstの「W7」尚美&奈々のコンビで、お弁当も綺麗に盛り付けられたし
彼女らに撮影するときの小技なども伝えられたので、いい機会だったかなと思った。

リーフのデビューはこれから、hitonowaの長坂氏に委ね、
料理で言うところの微調整、一指しの塩加減が、とても楽しみです(プレッシャー)

今回、感じたのが「プロフェッショナル力」

120%の準備力で挑んでくれたカメラマン・コンドウシン氏、
事前の打合せで伝えたいこと、表現したいこと、そしてプロデューサーのこだわりで
デザインをしてくれた長坂氏、
日々の仕事の中で、段取りをしてくれたvegefirstのスタッフ。

全てに置いて、プロフェッショナル力を持った人たちだったから
仕事のクオリティーもあった。

短い仕事の中で「何すれば良いですか?」の単語もなく、
できる仕事を最高に仕上げるチーム!!

何事も段取り力次第だ!と改めて感じた時間でした。

そして感じたのが、

食べ方は、生き方を通して伝えたいこと!!

それは、人生の段取り力だった・・・