今朝、いつものように何気なくニュースを見ていたら、
「スマートに健康維持」と題し、
体重を無理なくコントロールしようというアイデアが紹介されていた。

どんなアイデアか???と見入っていたら、

1)ベルトのバックルに仕込まれた万歩計
2)よそったご飯の量とカロリーがわかるお茶碗

ここまでは「ふ〜〜ん、色々あるんだな〜」と思っていたら、
「あ〜〜キタキタ、これこれ」って感じで嬉しい情報が紹介された。
おかげで朝からテンションが上がりました!!

それは何かって?

3)自分の遺伝子を調べて肥満のタイプを知ることができるサービス

テレビに出ていた方は、油へのリスクがあるから注意していると放送されていたよ、
見ていてピピピッと来たね、あ〜この遺伝子タイプなんだね。私と一緒じゃない??

私も、油がリスクタイプ。

揚げ物が好きな訳ではないけど、ついつい惹かれてしまう。
その理由がわかったお陰で、なんで太ったかの意味が繋がったんだよね〜。

ラーメンを好んで、夜食にしていた時期があって、
知らなかった頃は、喜んで食べてた。
太らないと思っていたら、太った〜〜〜!!となり、大慌て。

しかしそこから、運動しても、減食しても、微動だにしない体重に
ズ〜〜〜〜っと悩んでいたんだよね。

遺伝子について学び、検査から自分のタイプを知ってからは、
「油」に対して、注意に注意を重ねている。
そして、食べる油の質にもこだわって摂ることを心がけている。

たくさんの情報が氾濫しているけど、自分にとって何がどう必要かが分かると、
その情報を自分なりに整理し、選択することができるから、余裕が持てる。

肥満遺伝子は、価格も下がって手軽に検査できるから、どんどんした方が良いと思う。
自分を知るって、中々の難しいけど、これはデータで、決まりごとだから
自分のことだけど、客観的に取り入れることが出来るんじゃないかな?と思う。

主宰している料理教室でも、遺伝子検査のレッスンが始まる。

まさにこの情報は、スマートに健康維持だね。