食べ方が変わると
「カラダ・こころ・マインド」が変わる。

スローフードマイスター

食べ方は生き方
−5歳の美と健康の未来設定
えがわひろ子です。

======

野菜食べていますか??

名古屋のデパ地下、夕方によく見かける光景が、
サラダの量り売りの混雑。
グラム数百円のサラダを、多種買う人、1種の人、色々です。

夫婦2人、3日に1個、サニーレタスを食べる我が家には、
残念ながらこのサラダは不向き。

毎食、ボウル山盛りの野菜を頂く我が家では、

1)中途半端量を食べない、たくさん食べる。
2)おかずまたは、具に高たんぱく質な食材を入れる。
3)ドレッシングに必要以上の油を使わない。
4)カイワレ大根、アルファルファなどのスプラウト系を加える。
5)食べる順番に気をつける。

のルールがあり、これらを守って毎食、もさもさ食べています。

野菜がもつビタミンをしっかり頂くには量が大事です!!

60兆個の細胞
ひつひとつに届けるつもりで食べる!

ローフードのクラスでも、たくさんの野菜を食べ血流が上がり
偏頭痛を起こす生徒さんが、何人かいました。
私も生徒として学んだ時は、やはり偏頭痛で苦しんだ記憶があります。

だから、細胞に届ける気持ちで野菜を食べると、
本来、生野菜で冷えるはずの体がポカポカしてきます(1)。

野菜のビタミンで代謝UP!!

この時、シーチキンや豆腐、チーズ、玉子など
たんぱく質系のおかずをセットすると、
お肌プルプルのコラーゲンを合成を促してくれます(2)。

野菜嫌いのお子様が増えていると聞きます。
私も某専門学校で授業をしていた時、
「野菜嫌〜〜い、お肉だけで良い」の声をよく聞き、
少し残念な気持ちになったことがありました。

ダイエットと言うと、サラダだけを食べる方もいますが、
筋肉が落ちてリバウンドしやすくなったり、冷えて代謝が落ちたりと、
野菜だけでは期待する効果も低くなりがちです。

サラダ + たんぱく質 は鉄則!!と覚えてください。

主宰するお弁当屋さんvegefirstも、
野菜とたんぱく質のバランスはとても気をつけています。
スタッフで管理栄養士のAZUSAによると、
超バランスが良いと感動されました。

宣伝ぽいのですが、デパ地下のサラダも良いですが、
色々な工夫を凝らして作っている、vegefirstのお弁当は、
食べると60兆個の細胞が動き出し、細胞のクレンズが起こります。

今、準備中のクラスもvegefirstで得た経験を生かし、
野菜の食べ方を大切にしています。
温度だったり、切り方だったり、また食べ順だったり、

60兆個の細胞を整えることは、
自然なダイエット
に繋がります

今日から、野菜の量を増やしてみてください。